バーに行く目的とお酒の飲み方

バーに行く目的

人がバーに行く目的は実にさまざまです。
強いて分ければ「オーセンティックバー」と呼ばれる伝統的雰囲気のバーに行く目的と、
その他のバーに行く目的には少し違いがあるようです。

 

オーセンティックバーに行く目的としては、
「1人で静かに飲む・好きな酒の味と香りをゆっくりと楽しむ・
色々な銘柄の酒を味わう・1人で物思いにふける・バーテンダーとの粋な会話を楽しむ」
といったことが主な理由と言えます。
オーセンティックバーには、
そうしたことが可能な店作りや雰囲気作りが行われています。

 

一方オーセンティックバー以外のバーに行くのは
飲み物の香りや味を楽しむためというよりも
「友人や仲間、同じ趣味や興味を持つ人と一緒に楽しむ」
「会話や応援、趣味や音楽を楽しむ」というのが主な目的です。

 

かつては大勢の友人や仲間、同じ趣味や興味を持つ人と
ワイワイガヤガヤと楽しむ場としては「居酒屋」がありましたが、
近年出店されているバーは個々に利用目的が絞り込んで経営されていますし、
絞り込んだ目的そのものの名称が付けられています。

 

たとえば音楽を楽しむ音楽バーではなくレゲエバー、
競技を楽しむ競技バーではなくダーツバー、
エンタテイメントを楽しむエンタテイメントバーではなくマジックバー、
趣味を楽しむ趣味バーではなく鉄道バーといった状況です。
こうしたことからオーセンティックバー以外のバーに行く目的は、
それぞれのバーが店名に掲げている目的を楽しむために行くのです。
 

 

近年は、バーに行く目的を利用者が設定するバーも少なくありません。
それは「貸し切りバー」と呼ばれているもので、
普段はバーとして営業している店をパーティー・二次会・演奏会など利用者の希望に応じて利用させるものです。
貸し切りバーによって違いがありますが、バーの方は貸し切っている時間帯は、
入店した利用関係者だけを対象にドリンクサービスを行うのです。

バーテンダーとは

Bartender(バーテンダー)とは、bar(酒場)とtender(相談役)を合成した言葉で、
カウンター席での営業をしているバーなどで、
カクテルやウイスキーなどのアルコール飲料を提供(調理を提供する場合もある)して客をもてなす人のことです。
イギリス起源の英語ではバーマン(Barman)、
アメリカ起源の英語ではバーキーパー(Barkeeper:バーの経営者の意味合いが強い)などと呼ばれることもあります。

 

バーテンダーの主要な仕事は2つです。
1つは「落ち着いた雰囲気の中で、心安らぐひと時を客に提供すること」です。
店に出ていない時間帯には、客とのどのような話題にでも対応できるよう、
あらゆる分野の知識や情報を得るための努力が求められています。
バーに出るのはオープンする3〜4時間も前からで
「酒やフルーツの仕入れ・調理の仕込み・氷割りと形成・グラス磨き・店内外の清掃など」、
入店した瞬間から客がホッとした気持ちになれるような店内環境を準備しておかなければなりません。

 

客を迎えてからはカクテルなどの酒を提供するのがメインの仕事ですが、
注文を受けた飲み物を提供しながら客との対話、
グラス洗浄、フルーツカット、次の飲み物のおすすめなどの仕事もこなします。
それらを静かに過ごしたい客の邪魔をすることなく、
また店の雰囲気を壊すことなく全体に常に気を配りながら処理していきます。

 

他の1つは「客の記憶に残る最高の一杯を提供すること」です。
とくにカクテルの場合は、バーテンダーの技量と知識と経験のすべてを結集して作ります。
そのカクテルの出来具合と評判が、「バーの格」を決めてしまうのです。
手慣れた作業をしているようであっても、客の記憶に残る最高の一杯を提供するために、
真剣にシェイカーを振るのがバーテンダーです。

 

貸切にも対応した日本橋の和食の名店ニホンバシイチノイチノイチ

更新履歴