カクテルで使われるジンとは?

カクテルで使われるジンとは?

居酒屋やバーに行ってお酒を飲んで過ごしますが、
飲み物は色々ありますのでどれを飲むか迷ってしまうこともありますよね。

 

特に女性はカクテルを飲みたがりますが、
そのカクテルは何がベースになっているかご存知でしょうか?
 

 

カクテルのベースになっているお酒にはジンがあります。

 

ジンとは1660年にオランダのライデン大学医学部教授であった
フランシスクス・シルヴィウス氏によって、
解熱・利尿・胃の薬酒として作られました。

 

原料は大麦・とうもろこし・ライ麦・ジャガイモなどで、
松の実の香りが特徴的です。

 

オランダで作られた後、継承者がいないイギリスに
国王としてオランダ家のウィリアム3世が迎え入れられましたが、
そのときに一緒にイギリスに伝えられました。

 

そしてアメリカに伝わって大ブレークしたのです。

 

ジンの語源は香りの特徴でもある
松の実の「ジュニパーベリー」をフランス語にした「ジュニエーヴル」から、
発祥国であるオランダの「ジェネバ」になり、
最後にイギリスで「ジン」になったとされています。

 

現在でもオランダではジンを「ジェネバ」と言い、
ボルス・ジェネバやノールズ・ジェネバ、
デ・カイパー・ジェネバなどがあります。

 

こうしたジンは蒸留酒となっており、
無色透明で比較的個性が強くないと言われています。
ですので、カクテル初心者に好まれやすいカクテルと言えます。

 

また、居酒屋においてある
ジンをベースにした代表的なカクテルは「ジントニック」です。
ジントニックはジンと炭酸水を混ぜたもので、
香りや風味づけにライムが飾られることもあります。