カクテルの飲み方 その1

カクテルの飲み方 その1

バーでカクテルを飲む場合は好きなカクテルがあれば、それから飲み始めても何の問題もありません。
しかしおすすめの2つの飲み方がありますので、それを紹介しましょう。

 

1つは、アルコール度数の低いものから飲み始めて高いものへと移っていく飲み方です。
これは、いわば「健康に留意した飲み方」で、
カクテル以外の飲み物の場合でも同様なことが言われています。
まずはアルコール度数の低いものをゆっくり飲みながら、今日の自分の体調を計るのです。

 

アルコール度数の低いカクテルとしては、
「リキュールベース」や「ビールベース」のものを選ぶか
ロングカクテル(ロングとはグラスが長いのではなく、飲み干すためには時間がかかるという意味)と
呼ばれているグラスに炭酸やジュースだけではなく氷が入っているカクテルを選びます。
このアルコール度数の低い一杯目のカクテルを飲んで体調に問題がないようであれば、
二杯目からは好みのカクテルを注文するのです。

 

他の1つは、店の味を知ることができると言われている「ジントニック」を、
とりあえずの一杯として飲みます。
ジントニックとは「ジン」と「トニックウォーター」だけでつくる、
広く知られているポピュラーなカクテルの一つです。

 

しかしジントニックはバーテンダーが最初に覚えるカクテルであり、
それぞれのバーで一番重要視しているもので、
これをおいしく作れないバーテンダーは他のカクテルもおいしく作れないとさえ言われています。
いたってシンプルなレシピだけに、バーによってまたバーテンダーによって味わいが微妙に異なるのです。
お気に入りのジントニックを味わうためにこのバーに来ている、といった常連客は少なくありません。

 

とりあえずの一杯であったジントニックがおいしければ、ニ杯目からは安心して何でも注文できます。

 

新宿でおしゃれな居酒屋をお探しであれば茜屋 〜akaneya〜 新宿東口駅前店がおすすめ。