お代わりの注文

お代わりの注文

お酒を飲む際には、人それぞれ飲むペースがあると思います。

 

「ダラダラと一杯を飲むのが好き」という方もいれば、
「早く飲み干すのが好き」という方もいるでしょう。

 

しかし、バーでお酒を楽しむ際には、
それぞれのお酒にかける目安時間がありますから、
これに沿って次のお代わりを頼んでいくことが出来れば、
スムーズな注文が出来るでしょう。

 

では、バーでのお代わり注文についてご紹介しましょう。

 

まず、お店でお酒を楽しむ際の一杯にかける目安時間としては15分から20分程度。
バーテンダーの方は、この時間帯に飲むことを想定して作っていることになりますから、
この時間で飲み干すことが、美味しくお酒を楽しむ方法となります。

 

ということは、最初の一杯から、次へのお代わりは15分から20分後が理想的ということ。
お代わりの際には、自分が飲みたいと思うメニューを選ぶことがおすすめ。

 

お酒の種類を知らない方であれば、自分の好みを伝え、
おすすめのお酒を注文すると良いでしょう。

 

中には、「おまかせで」と注文する方も多いと思いますが、
出来れば自分の好みを伝える様にしましょう。

 

例えば、「甘目のお酒が良い」「さっぱりとした口触りの物が良い」といったように、
好みを伝えると良いですよ。

 

具体的な好みを伝えることが出来れば、
今後自分の定番となる好みのお酒と出会える可能性も高いですよ。
 

 

バーでは、お代わりを注文する際にもタイミングや注文方法に注意が必要となります。
「おまかせ」注文してしまう方も多いですが、
これではバーテンダーはどういったお酒をおすすめしたら良いか分かりませんから、
好みを具体的に伝えて注文するようにしましょう。