バーでの会計をカッコよく

バーでの会計をカッコよく

彼女とのデートでバーを利用してみたいと思っている人も多いことでしょう。
バーの持つ独特な雰囲気は、私たちを大人へと導いてくれる不思議な作用を持っています。
シックでスタイリッシュなバーをカッコよく利用することが出来れば、
彼女もあなたのことを見直してくれることでしょう。
そのままの流れで、いつもとは違った夜になるかもしれません。
バーをカッコよく利用するコツは、注文だけではなく会計時のアクションも重要といえます。
今回は、バーでの会計方法について詳しく見ていきましょう。
バーはレストランや居酒屋とは違い、
伝票をレジまで持って行くというシステムを採用していないことがほとんどです。
中にはこうしたシステムを採っているお店もありますが、
その場合は、レストランなどと同様に会計を済ませてください。
バーでは一般的に、席に着いたまま会計することになります。
「会計お願いします」「ごちそうさまでした」といった言葉をかけると、
バーテンダーがこちらへやってきて会計をしてくれます。
こうした声を掛けるタイミングが意外に難しいのです。
バーテンダーはお客第一で動いていますから、

多少仕事をしていてもこちらが合図を送れば会計することは可能です。
しかし、わざわざバーテンダーの手を止めてまで会計させてしまうのは。彼女の目から見てもあまりスマートには映りません。
なるべくバーテンダーが手を休めた瞬間を見計らってから声を掛けてください。
クレジットカードは便利ですが、
バーの中には対応していないお店もあるので利用するときは「カードで大丈夫ですか」と尋ねるようにしましょう。
カードが使えないときのために、あらかじめ現金を用意しておくことをおすすめします。
バーでの支払いをカッコよく済ませて、彼女との楽しい時間を締めくくりましょう。